十分な愛がないと感じ始める

結婚の初期に性行為が衰速するのは、カップルがホルモン欠乏に陥っているからではない。片方もしくは両方が、性行為に十分な愛がないと感じ始めるからである。遺伝子に原因があるのはまれである。たいてい十分な愛はあっても、あまりにも支配的にふるまわれるので愛のスイッチが切られているのだ。遺伝子の違いも少しはある。愛の欲求が強い人(女性がそうであることが多い)は、たくさん与えるが、お返しも多くないと満足しないようだ。それほと欲求が強くない夫は、妻が求めているほど多くを与えることができない。あるいは、与えることができるにもかかわらず、多くを与えない選択をしているのかもしれない。いずれにしても、話し合う必要がある。解決のサークルは、そのための最高の方法である。解決のサークルが効果をもたらすのは、二人が自発的セレクション理論にのっとって、欲求、その強さ、そして全行動を理解するときであることを忘れてはならない。サークルの仲に入って、お互いに何が嫌で、何を譲る気持ちがあるのかを話すことがとても大切なのです。

This entry was posted on 土曜日, 10月 26th, 2013 at 3:21 PM and is filed under 話し合い. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply