性的問題に対する原因を特定する

女性にとって出産の際、産道が聞いたり会陰切開などで周辺神経を切ってしまうことがあり、それによってセックスが苦痛になることってあるようなんですよね。また出産の際の大量出血が原因となって脳の視床下部と下垂体をつなぐ門脈が閉塞してしまい下垂体に障害が残ることもあるようです。性的欲求障害というのはセックスする意欲が低下もしくはなくなっている状態のことですね。性ホルモン分泌の異常や、内科的・外科的疾患に対する治療などが原因と考えられています。性欲はあるけどセックスができないというセックス嫌悪症もこれに含まれて、パートナーとの不和や性的虐待などが原因とも言われています。性的興奮障害というのは、セックスをしていても興奮することができない、または興奮を持続することができない状態をいいます。また膣が濡れないなど身体的な反応が起きない状態もそうですね。心理的な要因が大きいと言われますが、性ホルモン分泌の異常によって膣やクリトリスへの血流の減少などが引き起こされることも原因のひとつだと言われたりします。ちゃんと原因を特定しないと問題の解決にはつながらないので注意が必要ですよね。また最近増えている不倫サイトで浮気セックスを繰り返す人妻の本音などについても回を改めて考えてみたいと思います。

This entry was posted on 火曜日, 9月 16th, 2014 at 9:42 PM and is filed under 女性の身体. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply