出会いの経験からしか学べない大切なこと

自分の人生の伴侶と母親と、どちらが大切と思っているのでしょうか。もちろん、娘の判断を迷わせたり、罪悪感を植えつけるような言動をすることで、いつまでも手元に引き留めてしまう母親にも、問題があると言えるでしょうね。口では「うちの娘、なんで結婚しないのかしら」などと言っていても、娘が結婚をためらう状況に追い込んだ責任は、母親にもあるでしょうね。しかし、母親が変わらないのなら、娘が変わるしかありません。娘の立場にある人は、もしも自分が母親だったら、と考えてみればいいかもしれません。いつまでも結婚せず、母親のそばにいる娘をどう思うのか。娘が伴侶を見つけ、母親の元から独立することをどう思うのか。確かに手元から旅立つことは寂しいけれど、新しい家庭を作り、幸せを築いていく娘を喜ばない母親はいないはずですよね。娘の幸せを心配する気持ちが強すぎることが、結果として娘を引き留めているのなら、それは親の本意ではないはずです。娘は何も気にすることなく自分の幸せを追求していけばいいといえるかもしれませんよね。色んな人との出会いを経験していけばよいと思いますし、その出会いの経験からしか学べない大切なことがありますから。

This entry was posted on 火曜日, 12月 24th, 2013 at 1:31 PM and is filed under 自由. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply