話し合いが必要な場合

楽しみの欲求が高くて、それを分かち合うことは、あらゆる人間関係、特に夫婦関係にとってはすばらしいことです。もし楽しみが、学習に対して与えられる遺伝子からの報酬であるなら、一緒に学ぶ夫婦は、いつまでも良い関係を維持できる可能性が高いですね。楽しみは、年齢、性別、あるいは金銭の不足などで制限されることはほとんどない。少し努力しさえすれば、いつでも、どこでも笑うことも、学ぶこともできる。しかし、楽しみの欲求は、人間関係にとってさほど重要ではない。一人で楽しむことを学び、結婚生活を傷つけないことは可能である。夫婦はしばしばそうしている。二人とも楽しみの欲求が低ければ、自分が見逃しているものが何かは分からないので、平穏無事かもしれない。楽しみの欲求は、その強弱にかかわらず、他の欲求に問題がなければ、結婚に大きな影響を与えることはないでしょう。したがって、一番うまくいく結婚は、生存の欲求が平均的で、愛と所属の欲求が高く、力の欲求と自由の欲求が低く、楽しみの欲求が高い場合であありますね。このパターンからはずれていれば、話し合いが必要となるでしょう。

This entry was posted on 月曜日, 11月 4th, 2013 at 9:19 AM and is filed under 話し合い. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply