結婚と完全に近い自由

どんな結婚であっても、自由を野放しにしていてはうまくいかないのですね。愛と所属の欲求が十分満たされていて、二人が一緒にいないときの埋め合わせがあればこの限りではないが、それでも非常に困難ではあります。結婚は完全に近い自由があるというようなしろものではないですからね。これは、解決のサークルの困難な試練となります。二人とも高い自由の欲求を持っている結婚は、たえず試練を受ける。今日、結婚前に多くのカップルが生活をともにしているので、婚姻届を提出する前に、問題が表面化するかもしれない。そのときにこそ、解決のサークルを使うことです。婚前解決のサークルと呼ぶべきかもしれないですね。結婚後にお瓦いが自由の欲求が高いことに気づいたら、離婚か、家を出て行くことになろう。力の欲求の高い場合と異なり、カップルはより大きな自由を求めて協力することはできない。自由の欲求の高い二人が自由を分かち合うという表現自体が矛盾する。このような理由で、解決のサークルは自由の欲求の高い人々には意味がないのです。自由の欲求の高い人は誰ともサークルの中にいたいと思わないですから。

This entry was posted on 土曜日, 11月 2nd, 2013 at 8:52 PM and is filed under 自由. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply