無力な夫の傾向

夫婦の両方とも力の欲求が強ければ、それを満たそうとすることは結婚を損なうことになるでしょう。しばしば無力な夫は外で得られないものを家庭の中で妻から得ようとするので、妻が犠牲となり、虐待されるということは多いのです。良い職場は、力の欲求を少しでも満たしてくれ、周りの人があなたを小突きまわすことがないので、結婚にとっても良い影響をもたらす。ある女性が本当に幸福だったときは、約六か月間、裁判所の陪審員をつとめたときだったという。彼女がもし五十年後に生まれていたら、頭脳と尽きないエネルギーを仕事に活かせたかもしれない。彼女のような巨大な力の欲求の持ち主は、幸せな結婚は無理でも、幸福な独身女性として生きる可能性はあったと思うのです。彼女は、その下で働く人がどの程度幸福であるかは別にして、すぐにその場を統括してしまうであろう。推測では、彼女がその場にいる人を所有していることを周囲の人が受け入れているようなやり方で接していれば、人当たりも良いものであるはずなのです。たくさんの従業員がそうしているのを今まで見てきていますから。

This entry was posted on 月曜日, 10月 28th, 2013 at 11:26 AM and is filed under 話し合い. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. You can leave a response, or trackback from your own site.

Leave a Reply